船橋高根教会
改革派教会とは

聖書(神の言葉)によって改革される教会です。

16世紀のヨーロッパで、堕落していた中世の教会に対して再び聖書の教えに立ち返らせる宗教改革運動が起こりました。その中心人物のひとり、ジャン・カルヴァンがスイスで進めた改革運動によってできた教会が改革派教会です。

「改革」という言葉は、革命や革新などの言葉と混同されがちですが、そうではありません。改革とは、あくまで原型にもどすことです。その原型とは、紀元1世紀にキリストの弟子たちが建てようとした教会です。それは新約聖書に示されている教会で、私たちが常に立ち返るべきものです。このように、改革派教会は聖書を唯一の神の言葉、また、信仰と生活の唯一の基準として信じています。

私たちの日本キリスト改革派教会は、このカルヴァン以来の伝統を受け継ぎ、1946年に創立されました。信仰規準としてウエストミンスター信条(信仰告白、大教理問答・小教理問答)を採用し、政治規準、礼拝指針、訓練規定をも完備し、順調な成長をとげています。